不動産売却をサイトから依頼するには

不動産売却をインターネット上の専門サイトから依頼をする場合、まずは対象物件の査定からはじまるのが一般的です。個別の不動産会社を決め打ちして依頼をする場合は別として、専門サイトの場合には、全国各地のさまざまな不動産会社が会員として登録していますので、依頼の内容は不動産売却に対応している全国の多くの不動産会社に同時に配信されることになります。そこで、査定結果を見た上で、依頼主がふさわしい会社を選択して、正式な依頼ができるようにするわけです。
こうした専門サイトには、たいていは不動産売却専用の連絡フォームがありますので、そこに物件の情報を入力して送信するだけでよいのです。入力する項目としては、住所や氏名などの連絡先は当然として、物件の所在地や築年数、面積、建物の構造、リフォーム歴などが挙げられます。
ただし、依頼を受け取った不動産会社が折り返し通知してくるのは、簡易査定といって、あくまでも与えられた情報だけをもとにした机上の計算結果ですので、見積書を比較して適当な不動産会社が見つかれば、実際にその不動産会社のスタッフに現地に来てもらって、詳細な査定をしてもらうことも重要といえます。簡易査定方式の場合、建物の外観の清潔感、静かな立地環境、電磁式調理器や太陽光発電、床暖房などの特別な設備といった、査定にプラスの要素があったとしても、見落とされてしまう可能性があるためです。また、不動産売却とはいっても、不動産会社に仲介をしてもらって、実際にはほかの個人に売却をする場合と、不動産会社そのものに売却をする場合の両方があり、それぞれ売却価格が異なってくるという点についても、不動産会社とよく話をしておいたほうがよいでしょう。